パートの仕事をするときには

正社員と比べると、パートタイマーの給与はどうしても低いものになりますし、定年まで確実に働けるわけではないという不安定さもあります。

長引く不景気の中で、正規の雇用は少なくなり、非正規の社員やパートの社員を採用する会社は増えてきています。

給与が上がらない、賞与がもらえない、契約が短期的なものにしかならないというのが、パートをする人の行き詰まる部分です。

パート社員であっても、最低限の労働条件について定める労働基準法に、パート従業員は労働者と認めないというような記述はありません。

待遇が恵まれている正社員もパート社員も、同じ労働者であることに変わりありません。

労働基準法で定められた内容ではなくても、世の中の人達は、パートは一時的な軽い仕事をするものという印象を持っているようです。

しかし、場合によっては、正社員と肩を並べて仕事をしている人や、パートでも転勤や異動をしながら長期間働いている人もいます。

仕事に貴賤はないといいますが、同じ仕事をする者、その働き方のスタイルによって、その扱いに違いが出てきてしまう状況が無いとは言い切れません。

もしもパートで仕事に出る場合は、正社員とどこが違うのか、どんな仕事を理解しておくべきかを知っておきたいものです。

例えば、パートの状態で5年間、同じ仕事をしている場合には、働いている本人が希望すれば無期雇用化しないといけないという法律があります。

法律があっても会社側は抵触しないように5年未満で雇用を打ち切り、お休みをさせてから復職させるなど、法には抜け道があるのが現状のようです。

パートで働く人でも、有給休暇を取得することが可能です。

パートで働く人がどんな権利を有しているかは、経営者も理解していない部分がありますので、ある程度の自衛はしていきましょう。