サプリメントと薬の違いと利用時の注意点

疲れやすさや、食欲不振などの身体の不調を自覚はしつつも、病気とまでは至らない場合は、サプリメントに頼る人も大勢います。
サプリメントは健康増進に効果がある成分が配合されているため、体の調子が良くない時にサプリメントを使うといいという印象を抱いている人もいるようです。
しかし、薬とサプリメントには大きな違いがあるので、しっかり理解しておく必要があります。
薬は薬剤師からの情報提供の義務があり、調剤薬局だけではなくドラッグストアでも、薬剤師の資格を持つ販売スタッフとの対面販売が原則となります。
薬剤師と対面で購入できない場合でもサプリメントは買えますが、これは、サプリメントが食品扱いだからです。
サプリメントを買う時に薬剤師と直接顔を合わせなくてもいいので、通販が利用できるというわけです。
わかりにくいことがあったとしても、買う時に薬剤師に聞けば、説明を受けることができます。
一方、サプリメントは医薬品とは異なるので、この病気に対する効能があるという表記の方法は認められていません。
サプリメントに含まれている栄養成分に、健康的な効果があると知られていても、薬とははっきりと区別されているのです。
そしてサプリメントは薬とは違い即効性はなく、数週間から数か月程度に渡って飲むことで、段々と効果を感じる様になるものが殆どです。
サプリメントはアレルギー反応を除いては、医薬品のような副作用の危険性がないことがほとんどです。
サプリメントの飲み始めも飲み終わりも、自分の都合で自由に決定することができます。